→ → ALPACAのオススメパソコンランキング in 2020 ← ←

DynabookDirectが最大3,300円特別割引価格で買える購入窓口

パソコン本体お得キャンペーン未分類

※DynabookDirectの特設会場は2021年9月30日 17:00をもちまして終了しました。

DynabookDirect(旧東芝)のレビュー記事一覧はこちら

DynabookDirect 記事一覧

サイト『パソコン選びのコツ』では、どなたにも安心して使える国内メーカーでありながらコスパの良い、Dynabook(旧東芝)製のパソコンをオススメしています。

Dynabook(旧東芝)のダイレクト商品を中心とした記事一覧

アルパカオススメ DynabookDirect のモバイルPC

dynabook G(直販ではGZ)シリーズ(旧東芝ダイレクト)2020年11月モデル

Dynabook G8、G6(直販ではGZ/HP、GZ/HR)

◆ 特筆すべき点 ◆
この値段と軽さで、TigerLake搭載でありながらPCIe接続SSD、バッテリー24時間と急速充電、プライバシーシャッターも付いてThunderbolt 4対応、接続口も少なくない。
頑丈さはMIL規格を通せるだけの確かなもの。
加えてキーボードが打ちやすくなったという筐体と、バランスよく一通りが揃っている。それでいてコスパも悪くない。
諸々を比較すると実用性で考えるならまずGZシリーズが筆頭にあがる。
なお、直販のHomeモデルで買うと、ACアダプタが+1つ付いてくるオマケ付き。

◆ 発売時期 ◆
2020/11/10 発表。

Youtuberにオススメ、dynabook V8、V6(直販VZ/HP、VZ/HR)のシリーズ

dynabook V8、V6(直販VZ/HP、VZ/HR)

◆ 特筆すべき点 ◆
コンパーチブル(裏返る)モデルでありながら頑丈。
また、モバイルPCでありながらバックライトキーボードを備えている。
描き心地の良いペンが同梱され、グラフィック性能の高いTigerLake搭載。
性能を生かせる4Kカメラを備えているので、撮影したらすぐに編集できる。
加えてTru(トゥルー)系ソフトが素晴らしく使いやすいことから、このソフトを使いたいがために、このシリーズを買う人は多い。
他、Type-CがThunderbolt 4 対応になって2つ付いている。

これだけ諸々詰まっていながら1kgを切る軽さ。値段が高くても、それだけの価値がある。

icon

アルパカオススメ DynabookDirect のA4ノートPC

DynaBook PZ/HP(2020秋冬モデル)シリーズ

Dynabook PZ/HPシリーズの全ラインナップ

◆ 特筆すべき点 ◆
自宅業務でガンガン使いたい会社員や、第11世代CPUとPCIeのSSD、15インチにしては軽い。
この性能にしては激安。デジ絵を描いたり、ある程度の動画編集をやりたいという人。それでいて、ゲーミングのようにゴツゴツした外観のPCは避けたいライトユーザーには最適な機種。

 

スポンサーリンク
シェアする
パソコン選びのコツ・キャンペーンサイト

コメント